お昼寝大好き♪

花・バイク・石鹸、そして大好きな茶タロウとガンモの事を気ままに綴っていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石鹸の知識

自分なりに石鹸について調べた事を書きなぐっていこうと思います。
今まで、石鹸が環境にいいよって思って使っている石鹸。
その根拠、自分が信じた情報を載せていこうかな。

今では、『なくてはならない石鹸』をおさらいして改めて石鹸の良さを実感したくて書きます。

1.石鹸は市販品と比べて環境に良い悪い?

これは、環境に優しいです。
(とても分かりやすく書いてるサイトhttp://yamaguti-coop.or.jp/good/question/top/question_zakka.htm

以前、電話をかけたり、メールで質問して分かった事は、【BOD,COD,TOC】水中に含まれてる酸素の消費量は、市販の合成洗剤も手作り石鹸もかわらないくらい酸素を消費する

★BOD
〔biochemical oxygen demand/biological o. d.〕水の汚染を表す指標の一。
好気性微生物が一定時間中に水中の有機物(汚物)を酸化・分解する際に消費する溶存酸素の量。
ppm で示す。生物化学的酸素要求量

★COD
〔chemical oxygen demand〕水の汚れを表す指標の一。
水中の有機物を酸化剤によって酸化するのに消費される酸素量。
水1リットルあたりのミリグラム数で表す。
単位は ppm 大きい値ほど汚れがはなはだしいことを示す。
化学的酸素要求量。

★TOC
〔total organic carbon〕水あるいは泥などに含まれている有機物中の炭素量。
有機物による汚濁の指標にもなる。総有機炭素。全有機炭素。有機態炭素。全有機性炭素量。

私が聞いたのは、水中の微生物が分解するのに使う酸素量は一緒だってことでした。
市販品と石鹸が。

そして、正分解度という点ではやっぱ石鹸でしょうね!
前の記事はここ

24時間で分解されるというのは、24時間一定量の酸素を流し続けての結果ですから、自然の河川や海と同じ状態にすると、1日以上はかかります。

2.アルカリウォッシュ(私は炭酸ナトリウムを使用)
炭酸ナトリウム(Na2CO3)は重曹、セスキ炭酸ソーダと比べてpHが高く、家庭用アルカリ剤の中では、もっとも強力。
もちろん重曹やセスキ炭酸ソーダと同じ無機物なので、環境中に放出されても生分解不要。
有機物と違って河川の有機汚濁を引きおこさないので環境に負担をかけにくいアイテムです。
【石鹸百貨抜粋。】

そしてセスキよりも使用量が少なくて済むのでコスト的に助かります。
化学式を並べても難しいのでuki☆Uki☆石鹸ライフさんのココを読んでみて^^
分かりやすく説明しています。
石鹸洗濯での注意はやっぱり石鹸カスかな。においの原因にもなるから。
そうなると、軟水かな。でも軟水機ないし・・・そこで炭酸塩がキーワード。
炭酸塩で硬水を軟水に出来ることも書いてあります。
あとは、洗濯機の汚れを定期的に過炭酸塩で漂白することもポイント!!!

本当に知りたいことがビビッとわかるので納得も出来ます。
洗濯石鹸のここがちょっとねぇー・・・というポイントも克服できそうです!
後は柔軟剤も手作り^^かな?


洗濯石鹸用として、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)入りの石鹸を作りましたが、前回の失敗石鹸がとても硬かった。定番のキッチンソープ(レモン無し)に漂白剤を入れただけなのに溶け崩れにくかった。
今回は、廃油100%で作ったけど(適度に固さがあればなぁーと思って)作った
2008-1-6 974

色々調べたら、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)は放置したり水溶液にすると炭酸ナトリウムと過酸化水素に分解されるということ。

それは、炭酸ナトリウムと過酸化水素が 2:3 のモル比で混合してできる付加化合物だから。
化学式は 2Na2CO3•3H2O2 と表示される。←なるほどぉ~。

過酸化水素(H2O2)は放置すると酸素と水に分解される。

2H2O→2H2O+O2

炭酸ナトリウムには水を吸い取る力がある(粉石けんを思い浮かべてください)ので石鹸に含まれている水分が吸い取られその分固い石鹸になるのではと思っています。

汚れ落ちもなんか良いらしい・・・これって漂白剤の効果よりもひょっとすると炭酸ナトリウムの作用が働いているのかもしれないなぁ・・・・。


3.けいひ毒?

経皮毒(けいひどく)とは、水・シャンプー・化粧品の化学物質成分で、皮膚から侵入する病気の大きな原因。
と書いてあります。

しかも問題なのは、一度体内に取り込まれた経皮毒性のある化学物質は容易に排出することができないということです。

・・・・と書いてあります。
怖いなぁ。

http://keihidoku.cjammbon.com/2006/08/post.htmlコレが一覧っぽい。
見たことある表示もあるな。

ここも参考にhttp://www.keihidoku.com/archives/50601254.html#




今日はここまで。


スポンサーサイト

≪ 頂き物(≧▽≦)  | ホーム |  石鹸と茶タロウと生タラコ ≫

Comment

う~ん、難しい・・・。
でも「私は難しいことはいいわ~」では無責任だよね。
「石けん作り」に自信が持ちたい。
ほんの少しでも他人に使ってもらうのなら
知識は出来るだけ持っておきたい。

さすが!naosukeさん。
とっても勉強になります。
ありがとう。

あ、そうそう。
ところで過炭酸塩はどうやって入れ込むの?
そのまま粉末を入れるだけなのかな?

かおるさーん(^ω^)

私も理解をするまでに科学反応式をメモ帳に書きなぐってた(笑)

難しい専門用語を使うから難しく思えるんだよね!
要は、水中の微生物が一生懸命川や海を綺麗にするために酸素が必要で
その酸素がなくなると綺麗にしてくれる微生物が死滅しちゃって・・・・って話なんだよね。
その酸素量が市販品と石鹸が一緒には最初驚いたよ。
でも、きちんと分解されて環境に負荷がかからないのはやっぱ石鹸なんだ^^

そして、アルカリ剤はたんぱく質汚れ血液に強いってこと。
石鹸もアルカリ。
普段の洗物はドロドロ汚れじゃないし。
1日着てすぐ洗濯。

アルカリ剤で洗濯すると水の汚染が軽減される。
今のところ問題なく洗濯出来てるからね^^

化学反応式もちょっと久々で面白かったよ!!!

かおるさん、大事なことを・・・

過炭酸ナトリウムはオプションとして25gをそのまま加えたよ。
シュワシュワ(化学反応)でるから緩すぎるくらいのトレース時に加えて
暫くグルグルしてから型に入れたら、前回のような爆発にはならなかったよ。

気温が寒いからなのか・・・UO100%だからなのかは分からないけど。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URI

 | HOME | 

プロフィール

naosuke

Author:naosuke
☆naosuke
☆n_nao_oratahc★yahoo.co.jp
(★を@に変えてね!)

2012/9に、馴れ親しんだ北海道から青森へ引っ越してきました。
新たな土地で1からのスタートです。

今は、石鹸や天然石でアクセサリーを作っています。

2008/03/06に初めて石鹸を作りだし、今に至ります。


にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

茶タロウとガンモのことアレコレ。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

バイクライフあれこれ。ダークエンジェルのMAXに憧れZZRを買いました(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

お気に入り♪



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。